大黄(ダイオウ)の作用や特徴

大黄の作用などの特徴

 

ダイオウ(Rheum palmatum)の根や茎が使われます。

 

主な産地は中国(四川、青海、西蔵、貴州などの各省)となり、日本では北海道や長野など、比較的寒冷な地域で栽培されています。

 

大黄の根茎の断面に、つむじ模様(錦紋)があるものが良品と言われており、中国ではつむじ模様のあるものとはっきりしないもので分けて販売されています。

 

味はやや苦く、体を冷やす作用があります。

 

含まれている成分

 

センノシドA,B ビアントロンとしてセンノシドが含まれる。センノシドには瀉下(しゃげ)作用があり、便秘改善などに活躍する。
クリソファノール アントラキノンとしてクリソファノールが含まれている。クリソファノールはアンチエイジング効果やコレステロールの低下、血液脂肪の低下などの効果があると言われている。

 

瀉下(しゃげ)って何?

 

「瀉下」というのは、水などを注ぎ落とすことをいいます。そのため、「瀉下作用」というのは、腸にたまった便を注ぎ落とすという意味になります。つまり「瀉下薬」の意味は、便秘薬ということになります。

 

※その他の成分

 

アントラキノン:エモジン、アロエエモジン、レイン、フィシオン
タンニン:ラタンニン
ナフタリン配糖体:トラクリソン8-グルコシド
フェニルブタノン配糖体:リンドレイン

 

成分の薬理

成分 薬理
センノシド 瀉下作用
リンドレイン 抗炎症作用、鎮痛作用
エピカテキンガレート 抗腎不全作用
プロシアニジンガレート 抗腎不全作用
エモジン 抗腫瘍活性
ラタンニン 窒素代謝改善作用

 

薬能

 

大黄で一番注目の薬能は、やはり「瀉下作用」となります。体内に残っている毒を取り除くのに用いられ、胸や腹の膨満感、腹痛、便秘、宿便などを取り除くために利用されます。また、胃腸を洗い流すことによって、体内の古い組織を除去し、排便排尿を促す効果も期待できます。その強い作用から、別名「将軍」と呼ばれることもあるほどです。

 

大黄の強い瀉下作用は、「ゼンノシド」が要因となっています。どうして瀉下作用を持つのかはわかっていませんでしたが、経口投与だと活性を示すのに、静脈投与だと活性がでないことから、センノシドそのものでなく、何かによって代謝が起こり、その成分が瀉下作用を発揮していると考えられました。そして、センノシドが腸内細菌によって「レインアンスロン」に代謝されることで、瀉下作用が発揮されることがわかりました。

 

であれば、「レインアンスロン」をそのまま摂取すればいいのではないか?と考えられるかもしれません。しかし、レインアンスロンはそのまま経口投与すると、腸に達する前に分解されてしまい、活性を示しません。つまり、大黄に含まれるゼンノシドは、人間の体で瀉下作用を活性させるために、とても都合の良い成分だったということができるでしょう。

 

ゼンノシドをレインアンスロンに腸内で代謝するためには、ビフィズス菌やペプトストレプトコッカスなどの腸内細菌が必要なことがわかっています。そのため、抗生物質などを飲んで腸内細菌が減っていると、うまく瀉下作用が出ないことがあります。大黄で便秘改善するには、ただ大黄を服用するだけでなく、ヨーグルトなどで腸内環境を整えておくことも重要と言えるでしょう。

 

防風通聖散での役割

 

防風通聖散においても、大黄の役割はやはり「瀉下作用」ということができるでしょう。防風通聖散の効果・効能には「便秘改善」がありますが、その役割を果たしている生薬の1つが大黄なのです。

 

かんたんに言うと「デトックス効果」を持つ生薬ということになるので、間接的に内臓脂肪などを減らすことにも役立ちます。そういった意味では、防風通聖散には欠かせない生薬の1つと言ってよいでしょう。

 

大黄が利用されている漢方

 

  1. 三黄散
  2. 三黄瀉心湯
  3. 乙字湯
  4. 九味檳榔湯
  5. 五物解毒散
  6. 加味解毒湯
  7. 千金鶏鳴散
  8. 大柴胡湯
  9. 大黄牡丹皮湯
  10. 大黄甘草湯
  11. 女神散(安栄湯)
  12. 小承気湯
  13. 応鐘散(芎黄散)
  14. 柴胡加竜骨牡蛎湯
  15. 桂枝加芍薬大黄湯
  16. 桃核承気湯
  17. 治打撲一方
  18. 治頭瘡一方
  19. 滋血潤腸湯
  20. 潤腸湯
  21. 独活湯
  22. 秦芁防風湯
  23. 紫根牡蛎湯
  24. 茵蔯蒿湯
  25. 葛根紅花湯
  26. 調胃承気湯
  27. 通導散
  28. 防風通聖散
  29. 響声破笛丸
  30. 鷓鴣菜湯(三味鷓鴣菜湯)

 

⇒防風通聖散の効果やメーカー比較はこちら

関連ページ

防風(ボウフウ)の作用や特徴
防風通聖散に含まれる「防風(ボウフウ)」について解説しています。
麻黄(マオウ)の作用や特徴
防風通聖散に含まれる「麻黄(マオウ)」について解説しています。