防風通聖散の抜け毛・脱毛リスクや育毛効果について

防風通聖散と抜け毛や脱毛の関係

 

医薬品によっては、副作用として「抜け毛」「脱毛」が起こるケースもあります。そういった経験をしたことがあると、「防風通聖散で抜け毛が起きない…?」と心配な人もいるでしょう。

 

また逆に、「漢方だし、育毛になるのでは?」なんて考えている人もいるかもしれません。なので、ここでは防風通聖散を抜け毛・脱毛の関係を解説します。

 

防風通聖散で抜け毛・脱毛が起こることはない

 

まずはじめに心配なのが、「防風通聖散での抜け毛のリスク」についてでしょう。結論から書くと、防風通聖散によって抜け毛・脱毛が起こることは、ほぼありえません。

 

普通、医薬品に抜け毛・脱毛の副作用が認められるケースでは、添付文書に「脱毛症」などの記載があります。しかし、防風通聖散についてはそのような書き込みはありません。

 

参考ページ:防風通聖散添付文書

 

添付文書には頻度不明ながら各種副作用症状が細かく書いてあります。しかし、その中には「脱毛」「脱毛症」などの症状はありません。なので、副作用として抜け毛が起こる可能性はほとんどありえないということです。

 

もちろん、防風通聖散が体質的に合わず、間接的に抜け毛に繋がってしまう人も中にはいるかもしれません。なので「絶対に大丈夫」と言うことはできませんが、そのようなケースは極めてまれなはずなので、たいていの場合は心配の必要はないでしょう。

 

脱毛エステでの施術は大丈夫?

 

服用中の医薬品によっては、脱毛エステでの施術を断られることがあります。

 

これは、医薬品の種類によっては光線過敏症のリスクがあるからです。脱毛の施術には光やレーザーを多用するので、光線過敏症とはかなり相性が悪いのです。

 

光線過敏症のリスクがある医薬品としては、一部の抗生物質や湿布などがあります。ただ、防風通聖散については光線過敏症のリスクは認められていないので、服用していたからといって施術を断られることはほぼないでしょう。

 

他に医薬品を併用していた場合は別ですが、単体で服用している場合は施術について心配する必要はありません。

 

防風通聖散に薄毛対策・育毛お効果はある?

 

漢方の中には、育毛効果が期待できるものも確かにあります。

 

血の巡りがよく、髪の毛の栄養が届きやすい

血の巡りが悪く、髪の毛に栄養が届かない

 

漢方・東洋医学には「実」「虚」の考え方がありますが、髪の毛に関しては↑のようなことが言えます。なので、「虚」の状態を「実」に移行させる漢方なら育毛効果が期待できるのです。

 

その点、防風通聖散は「実」を「虚」寄りに導く漢方なので、育毛効果は期待できません。すでに解説したように、抜け毛が増えるということはほとんどありませんが、だからといって育毛できるということでもないことは押さえておいてください。

 

なお、もし育毛を期待するのであれば、

 

  1. 「柴胡加竜骨牡蜥湯」(さいこかりゅうこっぽれいとう)
  2. 「黄連解毒湯」(おうれんげどくとう)

 

などの漢方を利用することが多いようです。